TOP > コールドラミローラ
コールドラミローラーとは
コールドラミローラーとは、熱を使わず圧着方式でラミネート加工を行う機械です。種類は手動タイプと電動タイプの2種類があります。
手動タイプ
簡単操作で手軽にしっかりラミネート加工ができる機械です。
供給フィルムはシート式で手動でハンドルを回しラミネート加工を行います。
電動タイプ
ラミネートの大量加工に適した機械です。
供給フィルムはロール式でモーターでローラーを駆動しラミネート加工を行います。
製品情報
コールドラミローラー


品番
ローラー幅
重さ
加工サイズ
LCN-35B
350mm
12.3kg
4切・A-3W
LCN-45B
450mm
14.0kg
半切

製品の特徴
シリコン配合ゴム使用
ラミネート加工時に出る糊の付着を防ぎます。さらに弾力性・復元性に優れゴムロールの変形を防ぎます。
ベアリング内臓
圧力がかかった状態でも軽く楽にハンドル操作が可能です。
平滑性・密着性
左右両側に均一に圧力がかかるため、よじれ・引っ張りによる加工の失敗がありません。
操作が簡単
操作が簡単でどなたでも取り扱いが可能です。
電動コールドラミローラー 360型/540型
コンパクトで高品質
作業効率大幅アップ
360型
540型
加工幅
340mm
520mm
加工速度
0〜5m/分
加工圧
4mm
電源
単相100V

製品の特徴
コンパクトで高品質
コンパクトなボディながら4本のロール方式を採用しているので高品質なラミネート加工が可能です。
熱を使わず常温での加工ができますので様々な面質のラミネートフィルムが使用できます。
作業効率大幅アップ
連続のラミネート加工に対応していますので手動に比べ大幅に作業時間を短縮でき、コスト削減につながります。
加工直前まで糊面が出ないのでホコリ・チリによるロスも大幅軽減できます。

ページトップへ